T-LOG ver.2

サラリーマン・ダイブマスター(+チャリ)日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2006年8月27日(宮崎県:延岡)
延岡サイコー!焼きさば寿司!

ムレ

サキシマミノ

ネジリンボー

ハナミノ
| ダイビングログ | 12:40 | comments(17) | trackbacks(132) |
2006年7月2日(福岡県:志賀島:赤瀬)
ウミウシいっぱい!

umiushi
            WHITE   VS   YELLOW
| ダイビングログ | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006年3月26日(鹿児島県:野間池)
2006-03-26(鹿児島:野間池)
                     『微笑みの貴公子』

2006-03-26(鹿児島:野間池)
                     『ふんばり塾塾長』

LOG_20060326
| ダイビングログ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006年3月12日(宮崎県:延岡)
2006-03-12(延岡:天神)

LOG_20060312


前日のウネリがまだ治まんなかったんで、ボートが中止になりました(TT)
島毛(ダイビング雑誌でも時折取材される超1級ポイント)の予定だっただけに残念です。
でもそこは『スーパービーチ』と言われている天神。やっぱり楽しい!
絶好の被写体(動かないから)イザリウオ。
チョウチョウウオの群れ。交接中ウミウシ。ムレハタタテダイ。。。
今回もログブックに書ききれないくらいの魚達に囲まれて祭り状態でした。
特にイザリはここでは普通種で、1ダイブで5匹以上見ることもザラだそうです。
イザリ好きはぜひリクエストしてください。

ちなみに天神をホームにしている延岡ダイバーはイザリウオを見ても、「あ、イザリだ」くらいの反応です。(それだけ沢山居るっちゅうことですな。羨ましい〜!)

最後に、今回がカメラ(DX−8000G)の初おろしでした。
3ダイブで150カット程撮った感想は、マクロとか電池の持ちとかは評判どおりにスゴイです。特に電池は3ダイブで電源付けっ放し&オールストロボ撮影でも電池メータが1個も減らなかった。
不満点は、10cm以上寄ると内蔵ストロボでは左半分が真っ黒になります。
上の写真が10cmくらいなので、ぎりぎりかなと思います。
やっぱり外部ストロボが欲しいな。はい。働きます。。。

−−< 追記 >−−

さっき延泊した仲間からのメール
「ミミックオクトパスが出た!」とのこと。
やっぱりこのポイントはすごいですね。また行きます!

| ダイビングログ | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006年3月11日(大分県:間越)
2006-03-11(大分県:間越)


LOG_20060311


朝早くに福岡を出発し9時に延岡入りするも、前夜の東風の影響で天神ビーチは激濁り。
普通なら「残念でした。」となるところが、延岡のショップの計らいで潜れるかどうか分からないけど、大分方面に行ってみることになりました。

蒲江と佐伯の間くらいにある『間越』というポイント。
全国的に朝市で有名な所らしいです。(毎月第3日曜開催)
後から聞いた話しだと、潜水漁をしている地域なので普通はダイビング禁止だそうです。
今回は特別に、地域を取りまとめている漁師さんとショップの方が知り合いなので潜れました。(感謝)

水中の様子は全体的に温帯の魚達で、どっちかと言うと宮崎よりも福岡の海に近いです。キヌバリの幼魚の群れや、マアジの群れなど『群れ』が見所です。
今回はシルエットしか見れなかったけど、大型のコブダイも居ついてます。

帰りは弥生という道の駅にある温泉に入って帰りました。
朝は潜れないと思っていただけに良かった〜。
| ダイビングログ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(1) |
2006年2月11日(福岡県:津屋崎)
LOG_20060213


ショップスタッフがサイパン、長崎と出払っていたためヘルプで入りました。
今日のゲストは女性1名。来週沖縄に行くのにどうしても本数を稼いでおきたいとのこと。
天気予報はイマイチだったんですけど、取り合えず海を見てみることにしました。
海を見てみると、予想以上に悪い。他のショップもすぐに潜水中止と判断して帰っていきます。
「帰ろうか?」と聞こうと横を見ると、彼女は潜る気満々の様子。
今日はマンツーマンだし、辛くなったらすぐ上がるとの約束で潜水決行!
最近デジカメを始めたらしく、何でもいいから練習したいとのリクエストです。

浅いのでうねりの影響をモロに受けます。ヤドカリも時速5Kmでコロコロ転がっていきます。
ウミウシでもと探しますが、どこかに飛んでいってしまったのか全く見当たりません。。。
しょうがないので、ヒトデやイソギンチャクで撮影練習。

「流れに水平に。」
「流れてくるほうに頭を向ける。」

この2点を守っていれば、多少の流れが有っても水中姿勢は安定します。
そんなこんなで、30分の潜水終了。
2本目も行く気満々な彼女に、「勘弁してください」とお願いして撤収してきました。

最近乗馬クラブが練習ルートを変えたようで、休憩している側を20頭くらいの群れで通りすぎます。正直怖いです。

今日見た生き物。
クサフグ、アイゴ、ホンヤドカリ、、イトマキヒトデ、ナマコ
| ダイビングログ | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ Photo
  →アルバムを見る←
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ