T-LOG ver.2

サラリーマン・ダイブマスター(+チャリ)日記
<< 遠足 | main | 轟号 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
腹筋日本一
最近仕事で飛行機に乗る機会が多いです。
ちなみに、昨年はタンク本数より搭乗回数の方が多かったりします・・・

結構、飛行機 or 空港で変な体験をします。

2005年のベスト3。

3位:1時間前にお別れの挨拶をした取引先の副社長と座席が隣同士だった。
   →お互い気まずい感じでした。

2位:出発口に上半身サラリーマン、下半身女子高生の人が居た。
   (30代のノリ男みたいなサラリーマンが、ミニスカートを履いていた。)
   →あの時は、『隣の席じゃないように』と神に祈った。

1位:乗り継ぎで乗った便が、前の便と
   ・「機材」
   ・「スッチー(最近はキャビンアテンダントとか言うらしい)」
   ・「座席」
   が同じだった。
   →じゃあ、そのまま乗っとけば良かったじゃん。と後で思った。

という感じです。

まあ、しばらくこれを超えるものは出てこないだろうなと思っていたんですが・・
今年2回目の出張で、早くも2006年上位にランクイン確実な出来事がありました。

その日は、富山→羽田→福岡といった乗り継ぎ便。

まず、富山→羽田の便に乗り込んで一息つこうと思いちょっと背もたれに寄りかかったら・・

ウィーン(←フルリクライニング)

いや・・押してないし!

ボタンの故障かと思って何度か押してみるけど、感触的には壊れてなさそう。

たぶん直ったな。

ウィーン。


直ってねぇ! ゴルァ!

離陸時にリクライニングしてスッチーに怒られるのは勘弁なので、椅子に寄りかかることを断念しました。(このへんが小心者)

「俺は今、背もたれの無い椅子に座っている。後ろに体重をかけた瞬間に高度3万フィート上空から落ちて死ぬ。」と自己暗示をかけて1時間耐え抜きました。

もう、離陸の時のGは半端じゃなかったですよ。
うんぽ出るかと思いましたよ。

『ボーイング767で初めて背もたれ無しで飛んだ男』として、俺の歴史にまた1ページですよ。

そして、「今度は、ゆっくり乗れるだろう・・」と思った羽田→福岡便でのこと。

席に座って、慎重に寄りかかってみる。

・・・。

大丈夫ぽい?
良かった。さて寝よう。

・・・と思ったのもつかの間、隣りの席に『あいつ』が!

〜次回予告!〜
 『襲来! 戦慄のリカちゃん』 (気が向いたら書きます。)
| 思うこと | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:45 | - | - |









http://smokers.jugem.jp/trackback/11
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ Photo
  →アルバムを見る←
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ