T-LOG ver.2

サラリーマン・ダイブマスター(+チャリ)日記
<< 長崎県:香焼(辰の口) | main | 遠足 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
耳抜き
水中に潜ると、水圧で耳が「キーン」と痛くなります。
これは鼓膜が水圧で内側に押されるからです。
それで、『耳抜き』という技を使って鼓膜の内側に空気を送ってやる必要があるんですが体質によって、これが上手く出来る人と上手くできない人がいます。

上手な人は鼻をつままなくても、少し息を込めるだけでスパスパ抜ける
らしいです。

私は残念ながら、抜けにくい体質です。
ダイビングを始めた頃は、潜行する前はいつも上手く抜けるかどうかドキドキ
でした。
たまに上手く抜けないでも、周りに迷惑をかけると思って我慢して潜ってました。
(↑これが一番いけない。本当に怪我をします。)

でも、今は100%抜けます。
気を付けてることは、

\る前にコップ1杯分の水を飲む。(減圧症の予防にもなる)
∪行する際に、水面で一度耳抜きをする。
20センチ、50センチ、1メートル、3メートルの深度で耳抜きをする。
ぁ´で抜けない場合は耳が痛くならない深度まで浮上して、耳抜きをする。

耳抜きが苦手な人は、耳抜きをするタイミングが遅い傾向があります。
耳が痛くなってからだと、耳管が圧迫されて潰れているので空気が通りにくくなっています。
だから、早め早めの対応が大事ですね。
大体の人は上のアドバイスをすると、一発で耳抜きが上手くできるようになります。お試しあれ。

また、コメカミの筋肉をほぐすためにガムを噛んだりするのも良いと聞いたことが有ります。

『耳抜き』はダイビングだけじゃなく、飛行機の着陸時にも有効なので
耳が痛くなる人は耳抜きをマスターすると良いと思いますよ。
| ダイビング雑談 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |









http://smokers.jugem.jp/trackback/6
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ Photo
  →アルバムを見る←
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ